YASUO YAMATO's WebsiteContrabass & Electric bass

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぐるめリポート「ヤマト魂」 vol.3

もう年の瀬です。
クリスマスが終わった瞬間、世間の変わり身の速さには毎度感心します。

さて!第3回目のテーマは

「牡蠣」

小さい頃は苦手な人も多いと思います。
僕もそうでした。
食わず嫌いなとこもありましたが、
子供の頃は好き嫌いが多かったもんです。

いやしかしもったいない。

世の中にはこんなにおいしいものがたくさんある。
と、最近常々実感するようになってきました。

そして今回は牡蠣。
別に旬がいつとか知りませんが。
牡蠣祭りです。
クリスマスイブの牡蠣祭りです。

大学入ったくらいから食べられるようになったんですが、
初めて行きました、オイスターバー。

有楽町の「Jackpot」というお店に行ってきました。
ご覧あれ。


・お通し「蒸し牡蠣の醤油ジュレなんとか」&「バーニャカウダ」
蒸し牡蠣バーニャカウダ

さすがオイスターバーというか、お通しから主役が来ましたw
一口でじゅるっと。生玉ねぎのアクセントが絶妙です。
バーニャさんはかなりアンチョビ効いてます。


・「牡蠣フライ」&「きのことつぶ貝のガーリックソテー」
牡蠣フライきのことつぶ貝

やはり鉄板と言うべきか、牡蠣フライ。うまい。
これは一皿食べてからもう一回頼みました。
タルタルもいいんだけど、僕はソースの方が好きかも。
店員さんに言えばソース出してくれますw
ソテーは完全に酒の肴です。何にでも合いそう。


・「焼き牡蠣 醤油」&「野菜と牡蠣のリゾット」
焼き牡蠣牡蠣リゾット

これを食べなきゃ来た意味がない。
味付けも色々種類があって、とりあえずスタンダード(醤油)にしてみました。
何がイイって、汁が、牡蠣エキスの汁がもう・・・これは大人の特権w
シメのリゾット。
写真だとわかりませんが、ちゃんと牡蠣も入ってます。
そのままゴロっと。
野菜の味もうまく混ざり合ってやさしい味です。


他にもたくさんメニューはあるんですが、
特に生牡蠣の種類はすごい。
日本中の牡蠣がここ集まっとります。
まぁ25日に大事なライブがあったので生のものは控えたんですが、
(あたったら洒落にならんので 笑)
次回は是非食してみたいですね~。


そうそう、
ここはなんと食べ放題もありまして、
牡蠣とかムール貝とか、15杯くらいは入りそうな缶(お菓子とか入ってそうな奴)で出てきます。
これだけでも若干引きますが、
隣の夫婦?がこれだけを3缶と半分くらい、ひたすら食らっておりました・・・
ハハハ・・・

スポンサーサイト

ヤマトヤスオ vs 桃井裕範

もうすぐ今年も終わりますね。
早い。本当に。早い。
早速来年のお話です。

来る新春、そうそうにライブのお誘いです。

♪おすすめライブ『番外編』♪

久しぶりのリーダーバンド。
というか、まともなジャズバンドでは初めてです(笑)

とりあえずまず詳細から!



1月14日(土) 東京倶楽部@水道橋
TEL/03-3293-6056

【ヤマトヤスオQuartet】

ヤマト ヤスオ(b)
桃井 裕範(ds)
梅垣 順(tenor sax)
兼松 衆(pf)

第1ステージ: 19:40~20:20
第2ステージ: 21:00~21:40
第3ステージ: 22:20~23:00

charge/¥2,100+テーブルチャージ+オーダー

★ご予約はコチラからどうぞ!


今回は大学ジャズ研時代の先輩ドラマー、桃井裕範との初共演です!
桃井さんは現在ニューヨーク在住なので、
なかなか機会がありませんでした。

この年末から1月にかけての帰国にあわせて、
ようやく実現しました、積年の想い。

ファンキーかつジャジーなドラミングで、
見応えのある楽しいステージになる予定です。
また彼はすごい情緒溢れる曲を書くので、
それももちろん演奏します。

というわけで、主に桃井さんとの共演が目的だったわけですが、
集まってくれた方がこれまた半端ない。

サックスの梅垣君はニューヨーク育ちで、
今年日本に帰国してきたばかりの、注目の若手プレーヤー。

ピアノの兼松君はとにかくすごい。
彼のホームページを見てみてください。
弾き様はさながら「王子」のようです。

彼らのオリジナル、それと僕のオリジナル曲も演奏する予定です。


実は兼松君も年末ニューヨークに行くようで、
まったく縁がないのは僕だけということに・・・。

つまり、

ヤマトヤスオ vs NewYorkers

こういう構図が成り立つわけです。
見栄えもイイ。

こんな機会はそうありません。
演奏はもちろん素晴らしいものになるので、
ご都合が合えば、東京倶楽部ホームページでご予約の上、
お気軽にお越しください!

楽しみです♪


p.s.
同日昼間にもライブがあるので、
それは別途ご紹介します~。


小曽根さん

僕が最も敬愛するジャズピアニスト、小曽根真さん。

今日はたまたまお会いできる機会に恵まれまして。
そしてベースの井上陽介さん、
サックスの池田篤さん等々・・・
日本ジャズ会のトッププレーヤーとお話させて頂きました。

なにより、僕の演奏を聞いてもらい、
評価を述べてくださり、
一緒にセッションまでさせてもらいましたw
セッションはほんの少しだったけど。

小曽根さんのピアノは尋常じゃなかった。
鍵盤を叩いた瞬間に、その空間が彩られていく。
もう笑わずにはいられなくなる。

セッションしてるのに次元が違い過ぎて、
というか僕は弾いてるのにただ聞いてるだけっていう、
貴重な体験ができました。

最後に若者数人で小曽根さんと話していたんですが、
彼の演奏に対する理念を少し話して頂いて、
頭の中がすっきりしました。

彼の話しを(本当に)ざっくりまとめると、
笑顔とJoyが大切。
ということ。

僕が書くと何の重みもありませんがw
話を聞いている途中、思わず泣きそうになるくらい、
すばらしい内容だったわけで。

本当に気さくでやさしい方で、
投げかけられた言葉が、自然と心のど真ん中に入ってくる。
それが演奏にも表現されているというか。
多くの人に愛されるピアニストたる所以なんでしょうね。

「もっている」とはこの事か。
いやはや。

これから音楽をやっていく上で、
ものすごく大きな励みと目標ができた。

今日はとっても大きな大きな一日でした。とさ。


♪12月のおすすめライブ♪

ますますブログの過疎化が進んでいますw
11月は完全にすっぽかしたこのスレッド。
今月はせめてこのライブだけでも・・・苦笑

とういうわけで、以下、要チェックです!



■12月25日(日) sonorium@永福町
http://www.sonorium.jp/
TEL/03-6768-3000

The corona + 矢崎浩志(g)/ヤマトヤスオ(b)/ 奥貫史子(fiddle)/ 野口 明生(Tin whistle、Irish Flute、Uilleann Pipes)】

open/17:45
start/18:30

charge/前売 3,200円 、当日 3,500円



ここ半年ちょっとくらい、サポートさせて頂いているバンド、
the coronaのクリスマスコンサートです!

今回は素敵なコンサートホールでの演奏。
なんでもサントリーホールの設計?をされた方が手掛けたとか。
神聖なクリスマスにはぴったりなライブになりそうです。
もちろんクリスマスソングもやりますよ。

見所は、なんといっても野口さんです。
笛とかパイプとか、
とにかくアイリッシュ。
やばいです、アイルランドの景色が見えます。
想像ですが。
行ったことないんで。

まぁ、イブでもないんで、
聖なる夜に是非足をお運びくださいw



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。